ホワイトデーは男性から女性へバレンタインの返答の気持ちを返すイベントですよね。
当然、日にちは3月14日ですが、ホワイトデーが始まった発祥国や始まりの由来などは意外と知られていません。ここではそんなホワイトデーの起源についてご紹介します。


Sponsored Link


ホワイトデーとは


ホワイトデー,プレゼント,始まった国,始まり,由来,発祥


ホワイトデーは、一般的にバレンタインデーにチョコレート等をプレゼントされた男性が、そのお返しとしてキャンディ(飴)や・マシュマロ、ホワイトチョコレート等のプレゼントを女性へ贈る日とされています。

カップルや夫婦などお相手がいる人にとっては温かいイベントですが、お相手がいない独り身の方にはちょっと歯がゆいイベントとも言えます。

けれども、近年ではバレンタインデーでは義理チョコや友チョコ、職場仲間として、女性からチョコレートが配られる機会も増えています。

実際、あなたも学校や職場で友達・同僚からチョコレートをもらったことはないでしょうか?
義理チョコと分ってはいても、ちょっと嬉しくなっちゃいますよね。

そんなわけで、ホワイトデーにお返しをする機会もずっと増えてきていますね。


ホワイトデーが始まった国は?


ホワイトデーが始まった国は、ずばり日本です。
つまり発祥国は日本そのものです。

バレンタインのお返しとして贈り物を返すというホワイトデーの習慣は、日本で生まれ、中国・台湾・韓国など東アジアの一部でも定着してきています。

ただ、欧米などではこういったホワイトデーの習慣は見られないので、日本の変わった習慣として面白がられています。


ホワイトデーの始まりの由来は?


ホワイトデー,プレゼント,始まった国,始まり,由来,発祥


日本においてバレンタインデーでチョコレートがプレゼントされるという習慣が根付いたことに従って、お菓子業界において、チョコレートのお返しをする日を作ってはどうかという案が出されました。

まさに女性から男性へチョコレートやプレゼントを贈るバレンタインデーに対する、男性からの返答を行うイベントという位置づけですね。

そのお返しの日を作ろうとしたのが、お菓子業界だということです。

はい、 商魂魂あふれる発案でございます。

この発案がされたお菓子業界では、昭和40年代に入って以降、個々に独自の日を定め、キャンディ(飴)やビスケットやマシュマロ等を「お返しの贈り物」として販売するようになりました。

この段階ではまだ3月14日という決まりは特に定まっていませんでした。


ホワイトデーが3月14日になった理由は?


あなたはホワイトデーがなぜ3月14日になったのかご存知でしょうか?

バレンタインデーが2月14日なので、単純にその1か月後だから、というわけではありません。

ちゃんと3月14日になった意味があるのです。


全国飴菓子工業協同組合(全飴協)は1978年に「キャンディを贈る日」としてホワイトデーを制定しました。
ホワイトデーがこのようなちゃんとした協同組合によって制定されているのですね。

そして、ホワイトデーを制定した2年後の1980年よりイベントやキャンペーンをスタートさせました。

そしてホワイトデーを3月14日に定めた理由は下記の通りです。

西暦269年2月14日に、兵士の自由結婚禁止政策に背いて結婚しようとした男女を救うためにウァレンティヌス司祭は殉教しました。

しかし、その2人が改めて永遠の愛を誓い合ったと言われる日が、3月14日だったことに由来しているとされています。

自由結婚禁止政策を乗り越えて愛し合った二人の愛から、この3月14日とう日に決められたのですね。もしこれが1か月後の3月14日ではなく半年くらいたった後だったら、間延びしてしまっていたかもしれませんね。





ホワイトデーには何を贈る?


ホワイトデー,プレゼント,始まった国,始まり,由来,発祥


全国飴菓子工業協同組合(全飴協)はホワイトデーを「キャンディの日」とも称しています。

つまり、ホワイトデーというイベントが公に制定されている中では、お返しをする物としてはキャンディ(飴)が代表的なものといえるでしょう。

チョコレートのお返しだからキャンディ。
大きさや価格的にも対等なものとして無難な選択ですよね。

こちらに関しては、銘菓「鶴乃子」で知られる福岡市の老舗菓子屋「石村萬盛堂」さんが「君からもらったチョコレートを僕の優しさ(マシュマロ)で包んでお返しするよ」とチョコマシュマロを「マシュマロデー」として1979年の3月14日から売り出し始めたことがキッカケで、クッキーやキャンディなどをこの日に発売する菓子店が続出したといわれています。

特にキャンディに限定せずに、各お菓子店が独自の強みのお菓子を自由に売り出し始めたことで、キャンディからマシュマロ、クッキーなど幅広くお返し品が広まったのですね。

そのため、彼女が好きなのお菓子なら何でも自由に選んでお返しするといいでしょう。


終わりに


終わりに


ホワイトデーのお返しは 「バレンタインの10倍返し」などと言われたりしています。

これによってホワイトデーは男性が高価なお返しをする必要があるという慣例にもなったりしています。

まぁ、ホワイトデーのお返しは男性からの気持ちなので、お菓子でも高価なブランド物でもそのカップルそれぞれでしょう。

あまり周りの慣例に振り回されず、純粋にお返しの気持ちを伝えることが大事ですね。


以上、ホワイトデーが始まった国や起源でした。


やる気が出ます!応援お願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ