• 嘘松 社会
    嘘松とは?2018年最新の嘘松まとめがヤバイw任天堂嘘松も!
    2018年3月18日
  • 総合
    【無料】進化版動物占いで生年月日から相性診断。60種類の早見表はこちら。月曜から夜更かしで話題再燃!
    2017年1月14日
  • limex1 経済
    ライメックスペーパーで株価急上昇!?名刺やリサイクルで企業も大注目のLIMEXとは?
    2016年8月8日
  • クロマグロ,漁獲量,規制 社会
    クロマグロの漁獲高は?国別漁獲量ランキングも!取りすぎ規制発足へ
    2018年3月18日
  • dailytopic_20180319_235500 社会
    年金の個人情報、中国業者からマイナンバー流出した場合の対処法は?
    2018年3月20日
スポンサードリンク

クロマグロの漁獲量が多すぎで北海道と鹿児島県は実質ゼロとし、
岩手、高知両県は大幅に縮小する方針となったことが注目を浴びています。

クロマグロと言えば、日本人にとってお刺身や海鮮料理に欠かせない魚ですよね。

でも、近年のクロマグロの漁獲高が多すぎるとしての規制の発足。

やはり、乱獲によりクロマグロの生態系の変化などを危惧しての規制と言えるでしょう。

私と同様に、このクロマグロの漁獲高という疑問に対して、
多くの人が関心を寄せていて、かなりの話題となっています。

私もニュースを見たときはちょっと驚きましたし、他にも新情報がないか色んなニュースサイトを周ったりもしました。

同じように色んなページを検索したりした方もいるのではないでしょうか?

色々と気になった事もありましたので、クロマグロの国別漁獲高ランキングを調べてみました。

その他、今回のクロマグロの漁獲規制に件に関しての世間の声もまとめてみましたので是非ご参考にしてください。

スポンサードリンク

クロマグロの漁獲量規制に関して

まずは、今回のクロマグロの漁獲量規制についての概要を簡単におさらいしますね。

もうご存知の内容かと思いますが、念のためご参考ください。

水産庁は太平洋クロマグロの小型魚(30キロ未満)に関して、今年7月~来年6月の漁獲量の上限(漁獲枠)を北海道と鹿児島県は実質ゼロと決めました。

さらに岩手県、高知県は大幅に縮小する方針とのことです。

上記で挙げた県はいずれも今漁期にクロマグロを取りすぎとして批判を浴びていました

尚、日本は国際的に約束した漁獲量を守れずに批判されているという背景もあり、資源管理の甘い都道府県に厳しく対処する方向としています。

これらのクロマグロ漁獲量の規制に関しては、ニュースサイトや他のブログなどでも報じられています。

それだけに世間もクロマグロの漁獲高について注目しているわけですね。

クロマグロの漁獲高の国別漁獲高ランキング!

クロマグロ,漁獲量,規制

ここではクロマグロの国別の漁獲高をランキングにしました。

漁獲量が国際的に決められた量をオーバーしていると批判されている日本は、
クロマグロの国別漁獲量ランキングでは2位に位置しています。

順位 国名 漁獲量
1位 インドネシア 292,394
2位 日本 180,247
3位 台湾 159,247
4位 メキシコ 122,493
5位 スペイン 119,136
6位 イラン 104,904
7位 エクアドル 99,627
8位 フィリピン 97,880
9位 韓国 79,364
10位 中国 68,547
11位 フランス 65,164
12位 パプアニューギニア 57,735
13位 モルディブ 54,291
14位 セーシェル 52,970
15位 アメリカ 47,554
16位 ソロモン諸島 44,337
17位 パマナ 43,145
18位 スリランカ 39,821
19位 ベネズエラ 35,327
20位 マレーシア 34,164

それにしても国土的に小さい日本が2位とは・・・

それだけ、日本にとってクロマグロは必要とされた魚であり、
多く漁獲されているということですね。

クロマグロの漁獲量規制に関する世間の声

やっぱり、今回のクロマグロの漁獲量規制について、多くの方が色々な口コミ、意見が出されています。

そんな世間の声をまとめてみました。

共感する意見や応援コメントなど、みんなの声をご参考にしてください。

漁獲枠を超えて捕った漁師が得にならないようにしなければ。資源を最後まで取り付くす漁師がいる以上、中止は当然。
近所の漁協の定置にもよく入るんだが、枠を超過しているから網を開いて逃さないといけない・・・まぁ逃しても結局死ぬらしいんだけどね。損にしかならないから辛いって言ってた。枠を売り買いできればいいのにね。獲れ過ぎたところは、獲れないところから枠を譲ってもらう。マグロ専門で狙って獲ってるような所は厳しくやっていいと思うけど
マグロは一本釣りのみにするべき獲れるだけ獲りつくすはえ縄漁は当面禁止にすべき
7~8年前北海道に車で旅行したが、何処だったかニシン御殿が残っていた。昭和の戦前までニシンが大量で、本州からもゴールドラッシュの様にニシンで金持ちになろうと押し寄せていたとか。そしてニシンの全てを取りつくして、獲れなくなり、寂びれていったその名残がニシン御殿として残っている。漁師は魚を獲るのを生業としていることは理解できるが、取りつくせばニシンと同じになり、一時の金の為にルールを作っても守らなければ、結局海にはマグロがいなくなってしまうという結末を考えない漁師が多いのでは。テレビでもそんなに小さな魚はリリースするべきと思うが、獲ってしまう映像を何度も見る。
同じ海域で獲り、規制のしていない他県の港に水揚げ出るのでしょうか?そんな抜け穴はないでしょうね。。。それができるとしたら、ざる法となりかねない。
漁獲量が減るとすぐ外国のせいにするが、日本の漁業ー特に巻き網や底引き網は”枯渇するまで獲る””資源?しったこっちゃない、俺たちの収入が最優先”だ。ホントに恥ずかしい。
県単位とかじゃなく、漁船ごとに割当量超過かどうか検査できないのかねこれじゃあ規則を守った漁師さんがババを引かされるだけそのうち協力なんか誰もしなくなるよ
現在の薄利多売な獲り方は好きじゃない。安く売りまくって、国内に在庫が無くなったら次は海外から買い付け、海外は日本が買ってくれるので獲りまくる。結果、全体量が減る。他の国だって、と言う前にもう少し我が身を振り返るべきだと思う。
休漁中は水産庁の取り締まり船は、海外の違法操業の漁船を監視して欲しい。でないと、資源保護の漁獲枠の意味がない。
他の魚も捕りすぎ。鰹も酷い。
漁業もとらなければ生計が成り立たないでしょうが、規則は守りましょうよ、守らなければそのつけは漁業している人全般に影響してくるのですから、自分の首を自分で絞める事になるだけでは、
漁師はそもそも規則を守る気などない。密漁などという言葉はない。守っているふりだけだ。混獲になったマグロは市場に出さないでどこかで売ってしまうか食べてしまうか。漁が禁止されていても入ったものは今までそうしてきたしこれからもそうしていくだろう。
そこまでしてマグロに拘る理由がよく分からんな。そんな旨いものでもないし。それでもどうしてもマグロに拘るなら、莫大な金かけてでも一貫養殖を実現すべき。
魚は回遊していて、成長したら排他的経済水域を超えてしまうかもしれないけど、資源保護を考えたら、小型マグロは原則禁止にするのがいいと思う。
日本の漁業は、日本だけに留まらず海外にも拠点を構えて、漁をしていく時代だと思う。政府や漁業支援機構は、海外でも漁師ができるようサポートすべきだと思う。
漁業は資源と経済、両方の側面が有るから、地球規模で考えないと、多分意味ないと思う
オーストラリアの各種の漁獲枠設定方法を参考にして、漁船毎の漁獲枠量を行政が設定して、毎年漁獲量を入港時、漁政が立ち会い、漁獲量のチェックをして、超過の場合は罰則で翌年は出漁を禁止とするとかライセンス剥奪、また、魚種毎に許可制にし、それ以外の魚種は販売出来ない買わない等。違反者には営業停止や逮捕も辞さない法律を作る事。また、スポーツフィシングも年間漁獲量は非常に大量の魚が漁獲されている。これらもアユ漁獲券の様に毎年ライセンスを販売しる。自家販売は基より隠れた販売も出来ない様に罰則を設けて。出港,帰港時必ず報告義務を義務付け、それに違反すれ多大の罰則金や逮捕も設けるなど規制を強化する必要が有る。これを行政が率先して行う事が大事で、日本の行政の怠慢感が見え隠れする。
減船や他魚種であれ漁業権停止になるくらいの厳罰でなければ獲れちゃったぶん賠償払えばいいでしょになってしまうのでは?
得体のしれない漁業権なるもので、独占的に利益を享受してきた方々にも年貢を納めていただかないと。
関西のこじゃれた阪○百貨店でも、クロマグロの幼魚はヨコワとして普通に安く売っていますよね。もちろん、消費者が買うからですよね。大手百貨店でさえ、こんな有様です。現場の漁師さんがなかなか止められないでしょ。
麻薬や覚せい剤など同様に、取引が禁止されているものとして、日本国中で数年ででも我慢しないといけないと思います。
日本人ならできると思います。
定置網に入ってしまったぶんは他県の漁協に揚げるのか?
漁獲高きまってるって 一部の漁師が爆奪りすたら 獲ってない漁師はどうする?みんなが平均的にと漁ができるわけないわけで
そうなると 密漁だろうなそれか 漁師廃業かだ
獲る漁から育てる事にシフトしなと魚も減ってくるのは当たり前
魚は年々高騰していく一方で買いにくい時代になっていきますね。魚離れが進みそうですね。
どんどん漁業人口減らすように政策誘導するしかないと思いますけどね
補助金与えて温存するのが最もまずい漁具の進化でどんどん効率良くとれるようになっていくんですから、早い者勝ちでは漁業資源が枯渇していくのは当然ですよ(実際は漁業資源が枯渇していくので効率は下がってますけど、従来ではほとんど取れないのを無理やり取っているので猶更悪いです)
漁師・漁船の数を大幅に減らす、日本のEEZ海域の外国漁船の摘発を徹底的にするのが必要でしょう
早い者勝ちの仕組みにしているのだから当然の結果。北海道と鹿児島を来年ゼロにしても、それらのマグロ船は所属漁協を変えて来年もやるだろう。県ごと、漁協ごと、船ごとの漁獲枠を決めるまで繰り返される。
みんな生活かかってるから必死とはいえ、中には身勝手なやり方してる人もいるんだろうな。消費者も天然から養殖にどんどん気持ちをシフトしていかないといけないかな。結局、需要があるから獲るワケで。
北海道が大幅に超過したのは、例年ならばほとんど混獲のない鮭定置網に大量のマグロがかかってしまったという理由です。鮭用の網なので小魚は逃げられますが、鮭より大きいマグロやブリは逃げられません。マグロが嫌がる音波でもあれば水中に流して網に近寄らせないってこともできるでしょうが、そんな研究してるとは聞いたことないです。定置網をやめたら鮭を簡単に獲ることができなくなり、消費者も困ることになります。マグロ保護のために鮭もしばらく我慢しようって国民的運動になれば話は別だと思いますが…
養殖技術をもっと研究して、必要な漁獲量を養殖のマグロでまかなえるようにしてはどうかと思います。
何か天然ものがだめなら養殖にすればいいじゃないかってすごくカジュアルに言ってる人が多いけどマグロの場合完全養殖は微々たる物でほとんどはうなぎ同様獲ってきた稚魚をいけすで大きくするだけ。なので養殖にまわすものも小型マグロの漁獲枠に含まれてることをお忘れなく。
このニュースを表面的に触れただけで漁師が悪いと思ってしまうのは残念。漁師さんたちはそりゃもちろん目の前の生活が掛かっているし、獲りすぎたら資源が減るのは身をもって知っている。問題なのは水産庁が目の前の火消しだけ考えて動いていること。10年20年先のことをまったく思慮していない。その辺は本当に欧米が進んでいると感じる。
近畿大学のような養殖に力入れた方がいいのでは?
全ての網を禁止すべき一本釣りとはえ縄ですべき。網に入れば全部死ぬから。その分価格上昇と漁師増になるからいいのでは。本当は定置網も癌だ。昔のように撒き餌をすれば竹で叩き殺せたほどあれが本当の生態系。
最近は海水温がおかしいから定置網に入ってしまうとどうしようもない。網切って逃がすしか無いよね。最後の箱を小さくしたりするのかな。
北海道は数年の間目標量をゼロでいいと思うそれでも勝手にとってしまいそうな感じがあるけど、他場所を無視した乱獲を行っていたペナルティは与えるべきだと思う
とうとう鮪も鉄火巻すらも、食えなくなる時代が来たか
一年間くらい基本禁漁で良いのでは?それでも定置網とかには入ってしまうわけだし。
そもそも北海道でマグロ漁やってるのは函館・青森間だけです
今回漁獲に上がったマグロは鮭の定置網に入ってしまったマグロなんですよ
マグロ枠を0にしたって定置網に勝手に入ってきてしまうんだから仕方ないよね網に入ってしまったマグロだって生きてるとは限らない
沖で鮭とマグロを選別してマグロを捨ててくればみんな納得するのかな?
残念ながら、マグロ、ウナギは、わが国が最大の消費国我が国が率先して、厳しい漁獲規制を課し、そして、周りの国にもそれをしてもらう。という流れにしないと、何時まで経っても、規制と、抜け道のいたちごっこが続いてしまうと思う。明日の為に、今日は我慢する。を、日本人全体が、そろそろ考えるべきなのでは。
やっとですね。手遅れになる前にもっと厳しくしないと海は国民の財産国民が関心を持たないとね
規制を守る為に厳しい制限を設ける必要はあるが、クロマグロ専門の漁師が立ち行かなくなる可能性がります。日本全体での規制なので、都道府県同士での漁獲枠の買取り制度を整備すべきと考えます。マグロ好きなので、願わくばクロマグロの資源量が回復しますように。
完全養殖できない魚は漁獲量制限をしないとダメでしょ。てか、漁獲量制限だけで資源保護だと言ってる奴ってなんなの?農業、林業は苗を買って育てて増やしてるのに対し、漁業は行って獲って終わり。後は自然任せで頭使わずお金も使わずだし。
後世に水産資源を繋いで行くには仕方ない。他の魚の漁網に入っていたとはいえ規制はするべき。
プラスチックによる海洋汚染も何らかの対策をして欲しい漁獲保護しても魚達が住めないない環境にしてしまっては意味がない
日本列島の最北部と最南部でゼロですか。実質全国的に、小型マグロ枠ゼロということになるのかな。
水産庁に流通市場への干渉能力を持たせないと無意味。またイオンのように市場を介さずに何処で獲ってるかもわからない、あるいは偽装してる可能性があるマグロを売っているところもあり、権限の強化と利権組織に左右されない体勢構築が必須だろう。現状では漁獲制限そのものが絵に描いた餅に過ぎない
漁業枠をさらに落として同時に漁の仕事自体、できる期間を3ヵ月くらいにすれば良い。たくさん稼がせる必要ない。
クロマグロの完全養殖が成功してるんだからクロマグロのはえ縄漁を禁止しても良いと思う。
漁の方法変えないと解決出来ないんだけど、それが難しいんだよね今のやり方だと意図してなくても小型マグロは入ってきちゃうからなあ
漁師毎に枠数を与え、漁協がその権利を内外に売買できるシステムを構築すれば良いのではないでしょうか。頑張っても釣れない人は権利を売り、上手く釣る人は買えばいいみたいな。その権利はある程度の域で単価を揃えておく事で日本全体で消化すれば良いのではないでしょうか。
そもそも取ってはいけないマグロだけ選択して取らないって物理的にできるもんなん??
他の魚種を延縄とかでとってるときにどうしてもかかってしまうんじゃないの??
よくテレビでやっている大間の一本釣り。釣り上げたら銛を打ち込み息の根を止める。彼らにはサイズでリリースはしない。それも対象ですか?
マグロは回転寿司とかはスーパーで出せないくらい高くなればいいのに。高級な寿司店でしか食べれないくらいで良いと思います。
日本の場合の漁獲規制が「期間を区切る」でやってたので指定された期間の間に乱獲されて結局資源が荒らされる。
ノルウェーのように魚種とその大きさで規制をすべき。3~40センチくらいのマグロまで根こそぎ取って「マグロの町」みたいなアピールしてるところが日本にはいくつもある。3~40センチじゃまだ卵すら生んだことがない個体だ。これで資源が枯渇しないはずがない。「量+個体の大きさ」で規制すべきではないか?
前にテレビのドキュメンタリー番組を見たけど日本は、マグロの資源管理が全然できていないそうです。産卵前のマグロを巻き網で一網打尽で取っているのが最悪らしい
いつも思うが漁師は自然の魚を取っているのに権利があったり一般人が取ると罰せられたり重油が漏れたりして汚染されたら保証されたり特権ありすぎる農家は自分で1から育てているのに特権ほぼなしこの差はなんですか?
江戸時代の日本って、世界的にも有数の循環型社会だし、漁にしても、猟にしても、取り尽くすって聞いたことないのだが、明治期になり、西洋文化が流入すると、途端に取り尽くす、絶滅させるという話が出て来る。日本人は明治期以降変わってしまったのだ。
マグロは100キロからじゃないと値段がつけれなくすればいい。たまにテレビでやる下北のマグロ漁師のやつ、なぜか毎回観ちゃうんだよなぁ。やっぱマグロは巨大なのを揚げてこそでしょ!
早いとこ 安くて美味しい 養殖マグロを成功させてほしいな
漁師にルール守らせるってのは難しいんじゃないかな・・・あの方達は「網に入っちゃったんだから、仕方ない。」って片付けるからね。
少し超えてるなら、えーって思うけど新聞みたら7倍ぐらい取ってる…取りでしょう。
零にしても、それ相応の罰則がないと結局、取るのでは。日本って罰則のないルールって多いよねなんなんだろう
偶然に定置網にかかるのは仕方ないけどマグロ漁をしてる漁師には徹底して欲しいですね。
他の国も という言い方がある限り、改善できない。率先して 模範を示さなければ、だれも聞いてくれない。ルールが守られなければ、罰則が必要。
取り過ぎれば、いずれ取れなくなる。
食べるのを抑えれば?保護保護と云いながらマグロ食べてる人が多いのではないでしょうか。ウナギも。
数年食べて行けるぐらい儲けたんでしょ?無理なら漁協が助ければいい管理すべき漁協が制限かけなかったんでしょ?
難しい問題、きっちり枠を守るのは難しいのでは、お隣の国はきっちり守っているとは考えにくい、お互い様じゃないかな。
天然物はマグロにしろウナギにしろ、世界での需要人気が出れば取り尽くされる懸念は必定。技術は出来つつあるのだから完全養殖化を早めに進めた方が良いね。
1隻ごとに割り当てれば漁獲超過はなくなる。それをしないのが謎
北海道の漁獲枠 57トン南かやべ漁協の漁獲量 452トン
こんなことやってたら、資源枯渇するだけだから当然
産卵場の小浜漁港沖を保護しないとダメだ!巻き網で捕獲していては、資源枯渇も時間の問題!
当然枠を越えて水揚げしてる国に対しての対応は考えてるよね。罰則も必要現実は消費量が漁獲枠を越えてる所にある。
決まった事には従おう。従って今後勝手に入って来た鮪は我々前浜産として消費し、決して内地などには出さぬこと。

などなどのコメントが見られました。

私もちょっと共感する意見などもいくつかありましたね。

でも、これだけの人が口コミを発しているだけあって今回の内容はとても話題性があったとも言えるでしょう。

まとめ

今回はクロマグロの漁獲高の国別ランキングや今回の漁獲規制についてについてご紹介しました。

やっぱり日本の食文化に根付いた「クロマグロ」をテーマにしているため、世間の注目をかなり集めているようですね。

さらには世間の声も大変興味深い意見が多数見受けられました。

やはり取りすぎは良くはありません。

漁獲枠の規制に関して、日本だけが守ればいいという問題ではありません。

今回のテーマは世界的においてもかなり深い問題とも言えます。

まずは日本から規制を行い、クロマグロの乱獲を防ぎ、守っていく。

決められた漁獲量はキッチリと守り、クロマグロを守りながら食していきたいですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

内容はご参考いただけましたでしょうか。
これからもどんどん皆さんの声をお届けしていきますので、

以上、「クロマグロの漁獲高は?国別漁獲量ランキングも!取りすぎ規制発足へ」でした。

またのご来訪をお待ちしています。

スポンサードリンク
関連キーワード
社会の関連記事
  • dailytopic_20180319_235500
    年金の個人情報、中国業者からマイナンバー流出した場合の対処法は?
  • クロマグロ,漁獲量,規制
    クロマグロの漁獲高は?国別漁獲量ランキングも!取りすぎ規制発足へ
  • 嘘松
    嘘松とは?2018年最新の嘘松まとめがヤバイw任天堂嘘松も!
  • 余命
    子供の余命1年(ガンや難病)と告知されたら?闘うブログが切ない
  • シールズ,SEALDs,学生団体,解散
    【解散】シールズ(SEALDs)解散。シールズ解散の深意とこれからは?
おすすめの記事