ホワイトデーは男性から女性へバレンタインの返答の気持ちを返すイベントですよね。
日にちは3月14日ですが、何故その日になったのか、始まりはいつなのか、発祥した国など
ホワイトデーの起源についてご紹介します。

Sponsored Link



ホワイトデーの始まりはいつ?


ホワイトデー,プレゼント,始まった国,始まり,由来,発祥


あなたはホワイトデーがいつ、どこで始まったのかを知っていますでしょうか?

バレンタインと言えば、女性が男性に愛情の告白としてチョコレートを贈る習慣(イベント)ですよね。

最近では本命に限らず、義理チョコ・友チョコ・職場チョコのように、本命ではない相手にチョコレートを贈る習慣も根付いてきています。

それだけ、バレンタインデーにおいてのチョコレートの需要が高まっているということになりますね。


そういった背景も踏まえまして、ホワイトデーが始まった由来をご説明します。


日本におきましてバレンタインデーにチョコレートを贈るという習慣が根付いたことに従って、お菓子メーカー業界ではチョコレートのお返しをする日を作ってはどうかという案が出されました。

これだけバレンタインデーでチョコレートが売れると分かれば、次にお返しの日を作ればさらにお菓子が売れるようになるという算段ですね。

これにより、お菓子メーカー業界では昭和40年代以降、各々に独自の日を定め、キャンディやビスケット、マシュマロ等を「お返しの贈り物」として販売するようになりました。

これがホワイトデーの始まりとされています。

そして、1978年に全国飴菓子工業協同組合(全飴協)「キャンディを贈る日」としてホワイトデーを制定しました。

そして、その2年後の1980年よりイベントやキャンペーンを始めたとされています。


ホワイトデーの発祥国は?


ホワイトデー,プレゼント,始まった国,始まり,由来,発祥


先に述べたように、バレンタインデーのお返しをする日を定めようという商人魂によりホワイトデーが制定されました。

つまり、ホワイトデーの発祥国は日本となります。

女性にお返しをするという気持ちを表す日、かつお菓子が売れるという、男性の心と日本経済の相乗効果でホワイトデーが生まれたということになりますね。

尚、ホワイトデーは韓国、台湾、中国の一部でもホワイトデーが行われています。
日本発祥のホワイトデーは海を越えてアジアにまで広がっているのですね。
尚、中国語では「白色情人節」と表記します。


ホワイトデーが3月14日になった理由は


ホワイトデーが3月14日になったのにも理由があります。

西暦269年2月14日に、兵士の自由結婚禁止政策に背いて結婚しようとした男女を救済するためにウァレンティヌス司祭は殉教しました。
しかし、その2人が改めて永遠の愛を誓い合ったのが1ヶ月後の3月14日であったことが由来とされています。

もし、ホワイトデーが半年後とかだった場合、バレンタインデーでプレゼントをもらったこと自体を忘れてしまったり、最悪の場合、別れてしまっているかもしれませんよね。

そういったところで、バレンタインデーの1か月後の3月14日あたりが妥当だと言えますね。





ホワイトデーでお返しするお菓子は何が良い?


ホワイトデー,プレゼント,始まった国,始まり,由来,発祥


ホワイトデーでお菓子をプレゼントする場合、下記のものがよく選ばれています。

・キャンディ(飴)
・ホワイトチョコレート
・クッキー
・マシュマロ

最近では「マカロン」をお返しすることも増えているようです。

上記で挙げたお菓子の中で何を選べばよいのか迷いますよね。

それぞれのお菓子において、実は「意味」があるのをご存知でしょうか?

中でもキャンディには特別な意味があります。

それは、キャンディには「あなたのことが好き」という意味が込められています。
甘いキャンディはすぐに無くならずにいつまでも口の中に残ることから、いつまでも好きですという意味があるそうです。

まぁ、何にしても彼女さんが好きなお菓子を贈るのが一番ベターだとは思いますけどね。



ホワイトデーでお返しするお菓子以外は何が良い?


ホワイトデー,プレゼント,始まった国,始まり,由来,発祥


それではホワイトデーでお返しするお菓子以外では何が良いでしょうか。

一般的に下記のものがお菓子以外のお返しの品として挙げられます。

・アクセサリー
・ブランド物(カバンや財布など)
・洋服
・かわいい文房具
・ハンカチ
などなど

ホワイトデーのお返しも彼氏さんの気持ち次第ではありますが、
中にはお返しを期待している彼女さんもいます。

ただ、アクセサリーや洋服などでも彼女の好みではないものをプレゼントしてもあまり喜ばれませんよね。

そのため、お菓子以外のお返しをする場合には下記の点に注意して下さい。

1.明らかに彼女の趣味ではないものを選ばないこと
2.自分の元カノと同じもの
3.バレンタインデーで貰ったものよりも明らかに価格が安いもの


「1」は先でも述べましたように、好きでもないものを貰っても嬉しくないですよね。

「2」は彼女さんの気持ちになって考えると当然でしょう。元カノと比べられたりするのは良い気持ちではありません。

「3」も考え方次第ですが、明らかにケチなお返しは喜ばれません。

気持ちをお返しするホワイトデーですが、ちゃんと気持ちを込めたお返しをすることが大切ですね。



終わりに


終わりに


ホワイトデーはバレンタインデーのお返しとして男性から女性へ気持ちを返すイベントです。

ヘタなお返しは、逆効果になってしまうこともありますので、男性の方はちょっと注意が必要ですね。

かと言って、無理に高価なものをプレゼントする必要があるかどうかと言えば、それは彼女さん次第です。

ブランド物が好きな彼女さんなら当然それ相当の高価なものが喜ばれるでしょうし、純粋に気持ちがこもっているプレゼントなら何でも喜んでくれる彼女さんもいるでしょう。

いずれにしても、「彼女さんが喜んでくれるかどうか」という点に基づいて素敵なプレゼントをチョイスして下さいね。

いつまでも末永くお二人の愛が続くことを願っています。


以上、ホワイトデーの始まりについてでした。


やる気が出ます!応援お願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ