3月18日のがっちりマンデーでReluxが紹介されました。

実際のがっちりマンデーは「元リクルートの社長」の徹底取材というテーマでの放送でしたが、
その中でも特に「Relux」に注目してみました。


元リクルート社員だった社長が立ち上げた旅行サイト「Relux」。

Reluxを立ち上げた意味や、Reluxの紹介する宿の評判、口コミをご紹介します。





Reluxを運営する会社と社長は?


まずはReluxを運営する会社概要をご紹介します。

篠塚孝哉
[box class="green_box" title="株式会社Loco Partners 概要"] 会社名 株式会社Loco Partners
住所 〒105-0021 東京都港区東新橋2-14-1 コモディオ汐留4F
電話番号 03-6432-4966
創業 2011年9月1日
決算月 3月
資本金 9.1億円(資本準備金を含む)
代表者 代表取締役社長 篠塚 孝哉
事業内容 一流ホテル・旅館の宿泊予約サービス「Relux(リラックス)」の運営
東京都港区東新橋2-14-1 コモディオ汐留4F
[/box]
今回はがっちりマンデーで篠塚孝哉さんに突撃取材!

快く取材を受けておられました。


社長の篠塚孝哉さんは元リクルートの社員でした。

2007年にリクルート社に入社し、4年間の勤務を経て独立。

一流ホテル・旅館の宿泊予約サービス「Relux(リラックス)」を運営する会社「Loco Partners」を起業しました。

それにしても現在33歳の篠塚孝哉さんって若い社長さんですね!
それにイケメンさんです。


スポンサーリンク

Reluxを立ち上げた意味は?


宿を厳選した戦略で旅行サイトを運営しているRelux。

なんと、リクルート社では過去58年の歴史の間で定年退職者がなんと2名!

それだけ、「リクルート社」で培った知識と経験を経て、独立あるいは転職していく人が多いことになります。



超有名ホテルや知る人ぞ知る隠れ家的ホテルなどを厳選して紹介!

それだけに宿泊施設のミシュランガイドとまで揶揄されています!

Relux

それにしても、やっぱりこのような宿泊ホテルの紹介サイトって、数多くを紹介したほうが儲かるのではないの?
と思いますよね。

当然、がっちりマンデーでもそこの疑問を篠塚孝哉さんに投げかけます。


Reluxの収益の仕組みは、旅行者が宿泊サイトの紹介を仲介して旅行をすると、
手数料として宿泊料金の12%を受け取るようになっています。

Relux
これがReluxの儲けになるわけですね。

ちなみに他の宿泊情報サイトの手数料はおおよそ下記の通りです。
じゃらん:10%
楽天トラベル:7%~9%
一休:10%
etc

他の宿泊情報サイトより2%ほど手数料が高いのですが、この2%に付加価値があるということですね。


なお、篠塚孝哉さんはリクルート時代では旅行宿泊情報サイトの「じゃらん」の企画営業でした。

友達から良い宿がないかと聞かれて紹介することが多かったとのことですが、
篠塚孝哉さんが紹介した宿はほぼ確実に決めてくれていたそうです。

そこから、数多くの宿を紹介するのではなく、信頼できる情報の質を提供することで、
紹介する件数は必要ないとの考えになったとのことです。


本当にオススメする宿だけを紹介すれば当たるかも!
というコンセプトをもとに「Relux」を立ち上げたのですね。

こうして、お宿を厳選していることには重要な意味があったのです。


ちなみに「Relux」という名前の意味に関しては、その名前のとおりリラックスしてお宿に泊まってほしいという意味が込められていますね。


スポンサーリンク

Reluxの紹介する宿の評判、口コミ


ここでは>Reluxの紹介する宿をご利用したお客さんの口コミ・評判をまとめました。

生の声による口コミ・評判をご参考にどうそ!


料理なども非常に満足していますが、車で宿に到着してから、出発するまでの時間の全てにおいて、私たちの特別な日をよりよいものにしてくれようとしていただきながら、スタッフの方々の気遣いや歓迎の気持ちが非常に嬉しかったです。ありがとうございます。また来たいと思いました。

お部屋の露天風呂がかけ流しで、庭園デッキが庭と一体化して開放的で気持ちよく、外が寒い分、熱めのお風呂がちょうど良かったです。各部屋に露天風呂があり、部屋数も少ないせいか、大風呂も貸切状態でゆっくり入れました。 ロビーからの眺めが素晴らしく、白檀の香が上品で、お部屋も綺麗でした。気遣いサービスありがとうございました。 食事も美味しく、量もちょうど良かったので、満足できるものでした。

夕食の八寸は楽しかったのですが、それ以外の料理がやや寂しい感じで、八寸ばかりおかわりしていました。 期待したメイン料理もバイキングの中の一品という感じでした。 ただ、施設(大浴場も含め)は素晴らしいの一言でした。 なお、部屋にある程度の大きさの机がないのは不便でした。 ロビーの景色も施設の随所にある窓からの風景も素晴らしいものでした。 料理(朝食はだいたい値段相応かと)だけが残念でした。

今回初めて宿泊させて頂きました、駐車場に車を停めるところから、出発日まできめ細かいサービスがとても嬉しく心地よく過ごすことができました。 素敵な2日間をありがとうございました!

スタッフ皆さんの接客がとても親切で気持ちよく過ごせました。 また、部屋はどこもきれいに掃除されていて良かったです。 食事に関しても、苦手なもの等にしっかりと対応してくださり、それぞれに合った形で提供されていたのが嬉しかったです。 また是非伺いたいです。 ありがとうございました。

大学の合格祝いとお伝えしたことでお部屋も夕食の席も素敵な景色の見える場所にしてくださったり、お部屋にはお花やお菓子までご用意いただき、朝食の際には寿のお箸まで置いて下さったり本当に色々お気遣い頂きありがとうございました。 心に残る素敵な時間になりました。 また必ず行きたくなるような素敵な旅館だと思います。


さすが厳選したお宿を紹介しているReluxなだけに、総じて良い口コミ・評判が多いのが目立ちますね。

大学の合格祝いにReluxで素敵な旅行。
幸せな家庭ですよね!

このように特別な日にReluxを利用する人が多いようですね。


Reluxを運営する会社概要と株価は?


Reluxを運営する会社「株式会社Loco Partners」は、2017年にKDDIの連結子会社となってます。

そのため、「株式会社Loco Partners」自体は上場しておらず、株価は図れません。

尚、2017年2月に「株式会社Loco Partners」の過半数の株式を取得したKDDIの株価は下記の通りです。

dailytopic_20180318_094447

見たところ急上昇も急下降もしていませんね。

これからの運営、広告、集客次第でどの変わっていくかもちょっと楽しみです。



まとめ



今回はReluxの意味や宿の評判、口コミをご紹介しました。

がっちりマンデーでも特集されて、元リクルート出身の社長さんが注目を浴びています。

それにしても、リクルート社では同じ旅行宿泊サイト「じゃらん」を運営しています。


そんな競合となる旅行サイトを立ち上げることに難色を示されなかったかが気になりましたが、
それは全く怒られなかったそうです(笑)

実にリクルート社は寛容な考えをもっておられますね。


お宿を厳選し、本当にいい宿だけを紹介する旅行宿泊サイト「Relux」


それだけにちょっとお値段が高い宿が多いのは事実です。

けれども、結婚記念日や両親へのプレゼントなど、特別な日にご利用してみてはいかがでしょうか?

一生の思い出に残る旅行になると思いますよ!


最後までご覧いただきありがとうございました。

内容はご参考いただけましたでしょうか。
これからもどんどん皆さんの声をお届けしていきますので、

以上、「Reluxの意味や宿の評判、口コミは?元リクルートの社長が厳選!」でした!

またのご来訪をお待ちしています。

おすすめの記事